青空の下でバイク(SR400)とカメラと平凡な日々。

レアル1観戦

5月16日(日)に、ちょっぱーさんが参戦するレアルエキップ主催のレアル1の第2戦を、TONEさんと一緒に観戦に行ってきました。

20100516_レアル1_R2


レース参戦から離れてから、随分と時間が経過しましたが、やはりこの雰囲気は好きです。

私の参戦していたレースは、草レースでしたが、楽しさと、若干の緊張感が伴う雰囲気です。

自分は観戦、友達は参戦だと言う立場だと、なかなか話かけづらい雰囲気ではありますし、参戦者に対して何かしてあげられる事があるかな?と、なんとなく落ち着かない心情になったりします。

ちょっぱーさんとは、初めて会うのですが、人あたりが良い人で話かけづらい雰囲気は放っていませんでしたので、気楽に話をしたりできて良かったです。

モタードのレースを生で見るのは、これが初めてです。
ダートとターマックの混在するクローズドサーキットを、走行するレースです。

ベースとなる車両は、モトクロッサーなどのオフロードバイクが主流となり、ちょっぱーさんのようにフラットダートバイクやロードバイクでの参加は、極稀な車両となるのではないかと思います。

実際、FTRで参加していると聞いたとき、驚きを隠せませんでした。

もともとフラットダートを走るためのバイクなので、マフラーはアップマフラーが本当の姿だとは思われますが、市販品ではダウンマフラーが主流になってます。
エキパイの曲げ角や、取り回しを考えなくても済む面、コストも安く済むのではないでしょうか?

他車の部品流用で考えるならば、XR230やXLR200、XR200などのエキパイが要加工で使えるのでは?と思い浮かびますが、現物合わせをしなければならないので、一度部品を買わないといけないのがネックです。
TONEさんの様にワンオフで作成して貰うのも良いかもしれません。
右周りがほとんどだと思うので、左出しのマフラーが良いのかしら。



20100516_レアル1_R2ヒート2

ダートでは、良くテールスライド、ドリフト状態を経験するのですが、ターマックでのタイヤのスキール音は、完全にビビリが入りそうです(汗)
ホームストレートを抜けて、第1コーナーの突入ではほとんどの方がスキール音をさせてコーナーに飛び込んできてました。
グリップ走行は少数派ですね。
どちらが早いか!?となると、どっちとも言えない印象でした。
グリップ走行でロードバイクの様な乗り方をしていても早い人は早いし、そうでない人も早い人は早い・・・。

要は経験とバイクの性能ですかっ!?(゚ロ゚〃)

それは何にでも言える事ですな・・・(・ω・`*)



20100516_レアル1_R2ヒート2ジャンプ

それにしても、楽しそうです・・・。

参戦したくなっちゃいますねぇ~

ツナギとか持ってませんし、車両作りをしないと行けないし、サーキット走るならライセンスも必要だろうし、なかなか出費がキツイ感じですので、オフロードバイクをしっかり乗れって事ですかね?(笑)



スポンサーサイト

tag : バイク FTR223

2010-05-16 : RIDE:Paved Road : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

青

Author:青
青龍音叉

バイクとカメラが好きなおじさん。
NO BIKE!NO LIFE!

mixi、ぷち復帰しました♪
アメーバピグは付き合い程度にやってます♪

注意)当ブログに書いてある改造等における寸法、調査結果については、当方は一切の責任は負いませんので、自己責任の上で参考にして行って下さい。

アクセスカウンター

カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ