青空の下でバイク(SR400)とカメラと平凡な日々。

一眼レフカメラ操作教室(2回目)

2014.10.28追記あり

友人の奥様に頼まれて行くことになった一眼レフカメラ操作教室の第二回目に行ってまいりました。

カメラ教室
Photo:iPhone



メンバーは5名。
キャノン EOS kiss X5(私)
キャノン EOS kiss X7(友人)
キャノン EOS kiss X7i
ニコン D610?
ニコン Nikon 1

宿題だった写真を見て、シャッタースピードの違いと、もっとこうすると良くなるんじゃないかなとアドバイス。

他の人の写真を見るのって、やっぱり新鮮だと思う。
しかも、撮影条件が同じっていうのが分かりやすい。

今回は、絞り、ISO感度についてシャッタースピードと絡めて説明してくれました。
少しばかり、説明がスッと頭に入らなくて、悩んじゃいましたが・・・(;´▽`A``
今度、聞いてみよう・・・。

で、今回は実習?ありでした。

段階露光ってのをやってみました。
購入してから、一度しか設定したことがないM(マニュアル)モード。

固定設定は、ISO感度1600。
標準設定は、F5.6、シャッタースピード1/250
上記の設定で露出が±0になるところを探して撮る。
そこから、+1、+2、-1、-2をF値とシャッタースピードを変えて撮る。

【-2】
段階露光_-2
Photo:Canon EOS KissX5,SIGMA 17-50mm/F2.8 EX DC OS HSM,マニュアルモード,Tv:1/640,Av:5.6,ISO:1600,WB:AUTO
【-1】
段階露光_-1
Photo:Canon EOS KissX5,SIGMA 17-50mm/F2.8 EX DC OS HSM,マニュアルモード,Tv:1/250,Av:6.3,ISO:1600,WB:AUTO
【0】
段階露光_0
Photo:Canon EOS KissX5,SIGMA 17-50mm/F2.8 EX DC OS HSM,マニュアルモード,Tv:1/250,Av:5.0,ISO:1600,WB:AUTO
【+1】
段階露光_+1
Photo:Canon EOS KissX5,SIGMA 17-50mm/F2.8 EX DC OS HSM,マニュアルモード,Tv:1/100,Av:5.0,ISO:1600,WB:AUTO
【+2】
段階露光_+2
Photo:Canon EOS KissX5,SIGMA 17-50mm/F2.8 EX DC OS HSM,マニュアルモード,Tv:1/100,Av:4.0,ISO:1600,WB:AUTO


本当は、モノクロでポートレートだと良い感じの写真が出来上がりそうですが、モデルは居ませんので・・・。

使うとどうかは別として、知識として知っておかなければ使うことは出来ないので、ちゃんと理解しとかないとな~とは思うのですが・・・(; ・`д・´)


実習は楽しいよね♪

それにしても、参加すると必ず新しい知識と、自分の薄っぺらさがヽ(´~`; ォィォィ

さて、次の課題を頑張ってやりますか~♪(*´∇`*)

<追記>
授業中の話がスッと入ってこなかったので、ISO感度とシャッタースピードとF値の関係を無い頭で考えてみた!(*´▽`)ノ

ISO感度は光にどれだけ敏感になるか。
暗いところで感度をあげれば、写るけど感度が上がる分、ノイズが増える。

F値を開放側(数値を小さく)にすると光を取り込む量が増えて、被写体の周りが光に包まれたようにボケる。
光を取り込む量が多いので、一瞬のシャッタースピードで写真が撮れる。

逆にF値を絞る(数値を大きく)と光を取り込む量が減るので、ボケずに被写界深度が深くなって、全体的にハッキリした写真になる。

光を取り込む量が減るので、長い時間シャッターを開けておかないと、暗い写真になってしまう。
シャッタースピードが遅いと手ぶれなどが心配になるとで、ISO感度を上げてシャッタースピードを稼ぐ。

と言った考えに落ち着いた・・・。
ただ、合っているかはわからない・・・(;´Д`A ```
スポンサーサイト

tag : カメラ

2014-10-26 : : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

青

Author:青
青龍音叉

バイクとカメラが好きなおじさん。
NO BIKE!NO LIFE!

mixi、ぷち復帰しました♪
アメーバピグは付き合い程度にやってます♪

注意)当ブログに書いてある改造等における寸法、調査結果については、当方は一切の責任は負いませんので、自己責任の上で参考にして行って下さい。

アクセスカウンター

カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ