青空の下でバイク(SR400)にまつわるetc.

グリス

今まで、メンテナンスと言っても日頃のメンテナンスが中心でした。

オフロードバイクばかり乗っていたので、サスペンションのリンク周りなどのグリスアップを主に、グリスを使用していました。
なので、グリスの種類もサービスマニュアル指定の物を数種類くらいを使い分けて使用。
中身の効能などはなんとなく(汗)

メンテグリス

年式の古いSRを購入して、大事に長く付き合うためにはメンテナンスが更に重要かと思い、気になったので調べてた事を忘れないうちに(笑)
他のwebサイトだと更新された時に消えちゃったりするので(汗)
もし間違ってたら、優しく諭してやってください(汗)


【リチウムグリス】
 ◇性質
   耐熱性、耐水性に優れている。
   マルチパーパスグリスとも言われている。
   万能グリスとして売られている。
 ◇使用用途
   万能なのでどこでも使える。
   ゴムには若干影響あるらしい、実際は結構大丈夫だったりするそうです。でも大事なゴムパーツには使わないほうが賢明です。

【ウレアグリス】
 ◇性質
   耐熱性、耐圧製、耐水性共にリチウムより優れている。
   リチウムグリスを補う形で使用。
 ◇使用用途
   ボールベアリングやリンク部、サスペンションなどの圧力のかかる部分に良い。

【モリブデングリス】
 ◇性質
   モリブデン粒子が入っているので、耐圧製が高い。
   水には弱い。
 ◇使用用途
   油分が飛んでもモリブデン粒子が残っているので、エンジンやマフラーなどの各ボルトのかじり防止に良い。
   (かじりとはねじ等が熱によって変形し回らなくなったりする事。)

【シリコングリス】
 ◇性質
   ゴムや樹脂を侵さない。
   耐久性が少し劣る。
 ◇使用用途
   ブレーキ周りなどゴム系パーツが使われている箇所。
   ゴムならなんでも使用可能。
   ゴムの劣化防止にも。

【チェーングリス】
 ◇性質
   耐摩耗性、耐水性にすぐれる。
   シールチェーン対応のものが今は主流。
   シール、ゴムを侵さない。
 ◇使用用途
   主にチェーン。
   シリコングリスの代わりにも使用可能。

スポンサーサイト

tag : バイク カスタム

2016-02-20 : Maintenance : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

青

Author:青
青龍音叉

バイクとカメラが好きなおじさん。
NO BIKE!NO LIFE!


注意)当ブログに書いてある改造等における寸法、調査結果については、当方は一切の責任は負いませんので、自己責任の上で参考にして行って下さい。

アクセスカウンター

カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ